Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< May 2016 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スカイアーチネットワークス
0
    「スカイアーチネットワークス」はクラウドサービスの運用代行を実施しています。 2001年に作られた会社で、事務所は東京にあります。 セキュリティのマネージメントやシステム運用のマネージメントを主に実施している会社です。 このスカイアーチネットワークスでは、IaaS環境においてクラウドサービスを使用し、構築や設計、保守などを、アウトソーシングしたいという企業におすすめのサービスです。 製品形態は、ASPとソフトウェアとハードウェアなどです。 クラウドサービスの導入支援を実施し、1年中サービスの運用代行を実施し、企業側がクラウドサービスをうまく利用できるように援助してくれます。 スカイアーチネットワークスでは、すでにクラウドサービスを使用している企業の運用代行をします。 root権限を預かることができるものであれば、どのようなクラウドサービスでも検討します。 クラウドサービスを導入したいと考えている、企業を対象として、無償での開設支援も実施しています。 クラウドサービスの運用代行では、定期ワークとしてヘルプデスク機能を担ったり、情報管理を実施したり、監視を実施したり、情報収集と情報の提供を実施したりしています。 不定期なものとしては、セキュリティホールの対応を実施したり、不正アクセスにはは適切に処理したり、サーバーに負荷に対応したり、障害発生に対応したりしています。 企業規模問わずに対処しています。
    posted by: cloud567 | クラウドサービスについて | 17:26 | - | - | - | - |
    KVHクラウドサービス
    0
      「IaaS」は、KVHクラウドサービスが提供している「IaaS」です。 SaaSやASPサービスでの運用基盤を考えている企業、クラウドサービスの導入を検討している企業や、イベントなどで短期間の活用を考えている企業などに向けた提供しています。 ハードウェアやASPなが製品形態です。 通信キャリアが提供しているクラウドサービスで、初期費用0円から開始することができます。 SLA保証付きです。 KVHが提供するクラウドサービスは、自由度と信頼性の両者を兼ね備えています。 KVHのIaaSは、光ファイバーやデータセンターや、定評のあるサーバーのハードウェアなどを基にして、構築されているコンピューティングのリソースを提供しているサービスです。 企業ごとに必要な期間と必要な量に応じて提供します。 全体的に、自動プロビジョニングで、締め切りまで2営業日と、素早いにサービスを提供することができます。 SLAと24時間の監視体系によって、インフラの信頼性を保持しています。 マルチレイヤを使用して、企業ごとに要求に柔軟に処理しています。 広い帯域のインターネットバックボーンを使用するパブリッククラウドにも対応しています。 高い品質で低遅延を実現する専用回線を使用することで、クローズネットワークのプライベートクラウドにも対応しています。 コスト削減を実現し、安全なインフラ環境を素早く構築してくれるサービスです。 セルフで、構築するよりも、断然お得に早くできます。 シンプルで、自由なIaaSを、検索の方にとっておきのクラウドサービスです。
      posted by: cloud567 | クラウドサービスについて | 17:25 | - | - | - | - |
      ビック東海
      0
        「BroadCenter」は、ビック東海が提供しているクラウドサービスです。 信頼性と安全性の高い、データセンターを活用して、システムの安定稼動を実施したいと考えている、企業向けに提供しているクラウドサービスです。 24時間365日、安心して使用できるシステムを企業ごとにマッチさせて供給しています。 まず、ビック東海のデータセンターは、耐震設計が綿密にされています。 4種類もの免震装置を使用して、設備や設備にかかる負荷を低くしています。 立地の条件にもこだわっています。 海岸線から離れた、活断層のない、堅固な支持層に建てられているため、津波や地震などの災害があっても安心です。 また、停電時にもシステムが停止しないように、非常用発電設備を置いています。 非常用発電設備は、72時間、連続稼働が可能です。 火災時に使用される消火設備も、窒素ガス式を用いており、人体に害がなく、地球に配慮しています。 使用されているサーバーは高い性能です。 ストレージシステムやブレードサーバーなどを載せています。 サーバーを載せることが可能な数は多いので、データセンターの費用を、抑制することができます。 ラックごとに提供することができ、4分の1、2分の1、1ラックと選択することができます。 運用サービスの品質を保ってして、運用の効率を向上するために、ISO2000のシステムを取り入れています。 システム運用のために、担当者の担当責任を明確にして、サービスレベルの管理を実施しています。 担当者間の情報の格差を無くし、安定したシステム運用をできるようにしています。 サービスを活用することで、システムの安定運用を実施することができ、システムの運用管理コストを減少することができるという利点があります。
        posted by: cloud567 | クラウドサービスについて | 17:25 | - | - | - | - |
        日立情報システムズ
        0
          「BusinessStage ROD」は、日立情報システムズが提供するクラウドサービスです。 業務量が変わったため、ITリソース拡張や縮小を検討している企業や、IT環境を整えている投資最適化を検討している企業に向けのクラウドサービスです。 日立情報の中の、データセンターにある、ITリソースを必要なときに必要な分だけ、提供してもらえるサービスです。 さまざまな要求に、柔軟に対処できるように、さまざまなサービスを準備しています。 はじめに開始したときは、最小のリソースで運用を行い、業務量が増加した段階的で、リソースを広げていくことができます。 業務量がピークを越えて、減少してきたときには、リソースを減らしていくこともできます。 こうすることで、ITリソースを無駄に使用することがなくなります。 さまざまなサービスは開発、テストのプロセス、サーバーの統合などいろんなシーンで利用することができます。 価格についても、用途にしたがって選ぶことができます。 ITリソースの提供は、素早いシステム構築を実施することができるようにと、最短3営業日でデータセンターのITリソースを提供することができます。 「BusinessStage ROD」の活用には3パターンあります。 「エコノミーモデル」が1つ目です。 シンプルな基盤構成にすることで、低価格なサービス提供を実現しています。 「スタンダードモデル」が2つ目です。 こちらは「従量制課金」です。 低負荷用途の場合、リーズナブル価格でサービスを提供するものです。 「スタンダードモデル」が3つ目です。 「定額制課金」です。 ホスティングやハウジングなど、一定性能の確保が重要な業務向けでサービスを提供するときに使用されます。
          posted by: cloud567 | クラウドサービスについて | 17:24 | - | - | - | - |
          SIOS
          0
            「SIOS」は、サイオステクノロジーが提供するクラウドサービスです。 Google Appsに導入、移行を考えている企業や、社内においてメール管理負荷を軽減したいと考えている企業をターゲットとしたクラウドサービスです。 ASPが製品形態です。 今使用しているグループウェアから、Google Appsに移行したいという、サインオンやアクセス制御したり、企業の既存システムからのデータを移行したりするなど導入支援を実施します。 もちろん新規導入を検討している企業の導入支援も実施しています。 その他にも顧客ごとのニーズに合致したシステム構築を実施しています。 Googleが提供している、Google Appsは、ホスティング型のアプリケーションを提供するものです。 Google Appsを導入すると、ユーザーはブラウザ上から、メールを送ることができ、ユーザー間でスケジュールの共有もすることが可能です。 また、ドキュメントを編集したり、管理したりできるような、ウェブサイト作成をして、情報共有をはかることができます。 移行支援については、実績ベースで計画を作成し実現していきます。 移行を途切れることなく実施します。 そのほか、ニーズに合致したシステム構築には、例えば、連携型ID管理があります。 これまでのシステムで使用していたIDを、Google AppsIDをマージして、管理できるようになります。 シングルサインオンでは、法人内の認証システムを使用して、ログインできるようにすることで、パスワード漏えいを防止することができます。 アクセス制御では、Gmailのアクセス制限を実施して、セキュリティ対策を行うことができます。 メールも、Gmailに既存メールを移行すればできます。 ASPサービス内では、Google Appsと基幹のシステムの連携をはかります。
            posted by: cloud567 | クラウドサービスについて | 17:24 | - | - | - | - |
            ソーシャルグループウェア
            0
              「iQube」は、ソーシャルグループウェアが提供しているクラウドサービスです。 クラウド型のグループウェアです。 こちらのクラウドサービスがターゲットとしている顧客は、主に企業で、提携企業や取引先との会社間のコラボレーションや、情報の共有をフォローするものです。 ASPが製品形態です。 社内だけではなく、他社のユーザーもクラウドに登録するで、企業間で情報を共有して作業を共に行うことができます。 管理画面で、一括管理できるため、外部ユーザーは、セキュリティも安全です。 「連携グループ」として、外部ユーザーは、グループ活動することになります。 この連携グループごとに、参加方式を決めたり、公開設定をしたり、管理者設定をしたり、コンテンツの作成権限を付与したり、ユーザー管理をしたりすることが可能です。 クラウドサービスを活用する、全てのユーザーが、他社のサイトと自社のサイトを、自由に往来できます。 このとき他社サービス内では外部ユーザーとして扱われ、自社サービス内では内部ユーザーとして扱われます。 ログインに際しては、マルチログインという機能を使用して、外部のWebサービスに登録しておくと、iQubeから簡単にログインできます。 大変便利な仕様です。 外部サービス、パートナー提携と連携を採用しているため、Googleガジェットが公開していてビジネスサービス、ニュースなどの連携も予定されています。 Windows XP、Windows Vista、Mac Os Xに「iQube」は対応しています。 1GB以上のPCメモリで、 2.4GHz以上のインテルプロセッサーCPUはです。 Mozilla Firefox 2Xあるいは、Internet Explorer 7X、 6Xが対応ブラウザです。
              posted by: cloud567 | クラウドサービスについて | 17:23 | - | - | - | - |
              価格
              0
                クラウドサービスは使用した分だけの価格を払うという課金方式を採用した場合がほとんどです。 Amazonなどでは、1時間の使用あたり、0.12$のコンピューター使用料が課金されます。 しかし、このコンピューティング使用料金だけではなく、ストレージ、ネットワークと3つが課金モデルです。 例えば、クラウドサービスを活用してデータを保存する場合、1GBの容量につき、月額の価格がきめられています。 他にも、ストレージを使用する場合、件数にしたがって、月額料金が決められています。 ストレージの課金は、月単位で算出されます。 1ヶ月の中で、たった1日だけ利用したとしても、ほんの1時間程度だけしか使用しなかったとしても、1ヶ月分利用したのと同様の料金が請求されます。 使用料金の最低価格が1ヶ月分なのです。 このケースでは、データ保存をした容量の算出方法は、1ヶ月分のアベレージ値となります。 例えば、1ヶ月ずっと1GBを使用した場合、当然1GB分の料金を支払いますが、30GBを1日だけ使用して、後は使用しなかった場合、これも同様の1GB分の料金を支払うことになります。 トランザクションについても、件数で算出されるのは妥当だと考えます。 大抵倉庫を借用して荷物を預ける場合、その荷物の量で、算出されるのが当前だと考えるからです。 このようにしてクラウドサービスの課金方法が決定されます。 利用頻度や利用量が高い人は、定額制を採用するクラウドサービスもあるようです。 プロバイダーごとに料金体系を比較してみるといいと思います。
                posted by: cloud567 | クラウドサービスについて | 17:23 | - | - | - | - |
                今後の方向性
                0
                  クラウドサービスは、最近日本で注目されるようになってきましたが、2010年になってもまだその勢いは継続しています。 いろいろなアプリケーションが、インターネットを経由して、必要な時に必要な分だけ使用できるようになるのがクラウドサービスです。 このクラウドコンピューティングによって、ソフトウェアやハードを、別途調達や維持する必要がなく、運用コストを大きく減少ことができます。 そのため、低コスト経営を実現できると、各企業では期待が寄せています。 そのほかにも、企業側の利点として、保守したり、情報システムを開発したり、運用したりする業務を、すべてアウトソーシングすることで、人員削減を実施し、人件費を減少することができます。 そして、コア業務に注力ができ、社員の再配置による業務効率化が可能です。 システムの保守などのルーチンワークは、クラウドサービスの範疇とし、社員は会社の戦略的要素につながる、ICT導入のための検討を実施するなど、経営上の業務を実施することができます。 コア業務については、信頼性を大切にする必要があるため、コストがかさんでも委託せずに社内で集約して業務を実施するなどの差別化を図ることができます。 経営者側に利点があることはもちろんのこと、担当者側にとっても大きい利点があり、クラウドサービスは将来さまざまな企業から注目されていくと思います。 クラウドコンピューティングを取り入れる企業は、今後も増加し続け、プロバイダーも増加し続け、クラウドサービスが増えていくと思います。
                  posted by: cloud567 | クラウドサービスについて | 17:23 | - | - | - | - |
                  特徴
                  0
                    5つの特徴が、今注目されているクラウドコンピューティングにはあります。 「オンデマンド」が1つ目です。 自分が使用したいときに使用したいサービスだけインターネット上から取得して使用することができます。 「デバイスフリー」が2つ目です。 どんな端末からでも、Webブラウザがあれば、クラウドサービスを活用することができます。 「リソースの最適割当」が3つ目です。 いくつかのサーバーを使用することで、いろいろな用途に合わせて柔軟なリソースを提供することができます。 「スケーラブル」が4つ目です。 大容量データにも適応でき、データの増量や手早く簡単操作でシステムを広げていくことができます。 「従量課金制」が5つ目です。 使用した分だけを支払う、料金体系を採用しています。 クラウドサービスでは、インターネットの向こう、つまりクラウド(雲)に潜む、ソフトウェアやデータについて、そのありかを意識せずに、抽出して使用することができます。 今日の企業の経営戦略では、特定の業務については、アウトソーシングし、自社で全てを行わない方針を取り入れているところが増えています。 システム開発や保守、システムの運用自体もアウトソーシングする企業が増加傾向にあります。 これにより、大幅に人員や費用を削減することができるのです。 この削減できたコストを、別の業務に使用したり、攻めるためのリソースとして活かしたりすることができ、企業力を向上させることができます。
                    posted by: cloud567 | クラウドサービスについて | 17:22 | - | - | - | - |
                    3つのクラウドサービス
                    0
                      3つのクラウドサービスが、主に現在の市場で展開されています。 「SaaS」は、インターネットを通じてソフトウェアを提供しています。 「PaaS」は、アプリケーションを実行するためのプラットフォームを提供しています。 「IaaS」は、ネットワークやシステムなどのインフラサービスを提供しています。 「Software as a Service」の略が「SaaS」です。 提供サービスは、アプリケーションとミドルウェア、OSとハードウェア全般です。 「Platform as a Service」の略が「PaaS」です。 提供サービスは、ミドルウェアとOSとハードウェアです。 「Infrastructure as a Service」の略が「IaaS」です。 提供サービスはハードウェアです。 クラウドサービスは、インターネットの浸透やサーバー技術の進化、コンピューターが安く手に入るようになって大衆に普及したこと。 そして、ユーザー側が早く安くより簡単にパソコン操作が実施できるように希望するようになったなどの、背景から近年急速に拡大してきました。 また企業側も、急変しているビジネス環境に適応できるようにと、早く安く簡単に活用できる便利なサービスを欲しがるようになり、プロバイダー側がこのニーズに応じるようになりました。 クラウドサービス側も技術革新によって、安価で柔軟なサービスを提供できるようになり、消費者にクラウドサービスが多く活用されるようになってきたのです。
                      posted by: cloud567 | クラウドサービスについて | 17:22 | - | - | - | - |